TOPICS

NEW
2021.12.16 thu

ペニンシュラ型キッチンとは?

  • キッチンの種類
  • デザイン
  • メーカー

小さなお子さんがいたり、ペットを飼っていたりすると、リビングが見渡せるキッチンで料理や家事をしたい!と思われる方も多いのではないでしょうか?また、窓から見えるお庭や外の風景をたのしみながらお料理をするのも素敵ですよね。今回はそんな憧れが叶う「ペニンシュラ型キッチン」をご紹介いたします。

ペニンシュラ型キッチンとは?

ペニンシュラ型ッチンは、キッチン本体の左右どちらかが壁に接している対面式キッチンのことを指します。
ペニンシュラ=半島という意味で、カウンターが半島のように突き出たレイアウトが特徴的です。

一般的に従来のI型のキッチンよりもカウンターの奥行が広いので、対面側にイスを並べてカフェ風にすることもできます。また、ダイニング側に収納を設けたりデザインを工夫することで様々な使い方ができます。

メリット

①家族とのコミュニケーションがとりやすい

ダイニングやリビングにいる家族とコミュニケーションを取りながら料理や家事をすることができます。特に小さいお子さんがいるご家庭は、お子さんの様子を見ることができるので安心できるのもポイントです。

②対面式でもスペースを取らずに済む

同じ対面式では「アイランド型キッチン」があります。アイランド型はキッチンの両サイドに通路が必要ですが、ペニンシュラ型の場合は片側だけでよいので、限られたスペースでキッチンをつくることができます。

デメリット

①油はねやキッチンのニオイが気になる

リビングが良く見えるメリットに対して、リビング側への油跳ねや汚れ、料理のニオイが広がるのが気になるというデメリットもあります。
その際はコンロ前に壁があると、汚れが気にならないだけでなく、目隠しの効果もあります。部分的なので解放感はそのままでキッチンインテリアの邪魔もしません。
「壁への汚れも気になる・・・」という方は、コンロ前に透明のオイルガードを設置するのもオススメです。
高さも低く、汚れがついてもサッと拭けるのでお手入れも簡単です。

②収納スペースがつくりにくい

ペニンシュラ型キッチンの場合はリビング側がオープンな分、つり戸棚を付けない方も多いので収納スペースが減ってしまう可能性もあります。
その場合は、収納力が高いキッチンや、背面のカップボードや棚に収納できるようなスペースを多く用意すると便利です。

最近は、便利な収納グッズもたくさんあるので、キッチンキャビネットの中も工夫して整理することでデットスペースをなくして効率的に収納することもできますよ。

まとめ

キッチンはリビングやダイニングと続いた空間なので、家族みんなが過ごす時間が多い場所になります。ですので、家族構成やライフスタイルの変化によって、LDKや間取り変更も視野に入れながらキッチンの型も考えるのがオススメです。

「自分の家に合うキッチンはどの型だろう?」「将来の使い勝手も考えてキッチンの型を決めたいなぁ」と迷ったり不安な場合は、プロに相談してしっかりプランニングすることが重要です。

キッチンに関するお悩み、ご相談の際はぜひKitchen Reform Labにお声がけください!

 

—————————————————————————————————————————

キッチンリフォームラボがあるのは、年間施工実績1,000件以上!愛知県三河地域(岡崎市・幸田町・西尾市・蒲郡市・安城市・碧南市)で、岡崎本店、岡崎北店、西尾店の3店舗を展開するアーキテックス株式会社「カナルリフォーム」のショールームです。

キッチンの他に、バス・トイレなどのリフォーム(リノベーション)も、お見積り・相談無料!

スペード対応、厳選した優秀な職人による工事、担当の一貫管理体制や最長10年保証など、コストパフォーマンスの良さと、「心で開く、心でかなえる」姿勢で、「手軽に、上質な」リフォーム、そして「ずっと安心、ずっと快適」な暮らしを提供します。

何でもお気軽に
お問い合わせください!

多数メーカーのキッチンを
実際に見て、触って、比べられる!

ショールーム来店予約

家事や仕事の合間にちゃちゃっと!
お友達登録でお得情報も!

お気軽LINE相談

実際に体験してこそわかる!
我が家にぴったりのキッチンが見つかる

イベント予約

お電話でもOK!

0120-266-665

営業時間:10:00-17:00(年中無休)