TOPICS

PICK UP
2021.10.20 wed

キッチンに合わせたカップボードの選び方とは?

  • キッチンの種類
  • リフォーム
  • 収納術

キッチンリフォームは、調理や片付けなどの作業をよりスムーズに進められるようにキッチン全体のレイアウトや設備を見直すいい機会です。最近は、キッチン本体を新しいものに交換するだけでなく食器などを収納するカップボードもあわせて交換するケースが増えてきています。今回は、キッチン空間がより使いやすくなるカップボードの選び方について3つのポイントを紹介します!

 

〇普段使う人の身長に合ったサイズを選ぶ

最近増えているオープンタイプやアイランドタイプのキッチンには、基本的に吊戸棚を設置しません。その分カップボードに収納力を求めるようになってきました。

しかし、天井まできっちり収納できるカップボードを設置しても、天井近くの部分は高すぎて結局ほとんど使わなくなるというのも事実ですね。キッチン内の限られた空間の中で効率よく食器や調理器具を出し入れするには、キッチンをよく使う人の身長に合わせて使いやすい高さにしっかり物が入る仕様のカップボードを選ぶのがおすすめです。

 

〇キッチン内でスムーズに動けるうおうなレイアウトにする

カップボードは既製品とオーダー品に大別されますが、どちらであっても複数の種類のキャビネットを組み合わせてレイアウトしていきます。その際は「何をどこに収納すとキッチン内で動きやすいか」を考えて決めていきましょう。

最近多いのは、収納している食器が一目で確認できて出し入れもしやすいカウンター下のスライドキャビネットに食器を収納するパターンです。

カトラリー類やふきん類をまとめて収納できるキャビネットや、小物を入れたボックスを並べて収納できる棚板キャビネットなど、調理や片付けの際の動きをシミュレーションして、その動線上に必要なアイテムを収納できるようにレイアウトしていくのがポイント。家事の時短化にもつながりますから、動き方カップボードのレイアウトをセットで考えていくといいでしょう。

 

〇忘れがちなゴミ箱スペースもセットで考える

カップボードのレイアウトを決める時はつい収納量を優先してしまいがちですが、使い勝手のいいキッチン空間にする為にぜひ頭に入れておきたいのがゴミ箱スペースの確保です。キッチンから裏庭やサービスバルコニーにゴミを出せる場合でも、夏場はできるだけ外に出しておきたくないもの。燃えるゴミとカンやビンなどの燃えないゴミを分別できるよう、2~3個置けるスペースをカップボードのカウンター下に設けておくとゴミ箱がはみ出さず作業の邪魔になりません。

せっかくのキッチンリフォームですから、キッチン内をすっきり見せる工夫としてゴミ箱スペースの確保を取り入れていくといいですよ。

 

カナルリフォームのショールームでは、キッチンやカップボードの展示をご覧いただけます。キッチンリフォームをご検討中の方はお気軽にご相談くださいね。

 

キッチンリフォームラボがあるのは、年間施工実績1,000件以上!愛知県西三河地域(岡崎市・幸田町・西尾市・蒲郡市・安城市・碧南市)で岡崎本店、岡崎北店、西尾店の3店舗を展開するアーキテックス株式会社「カナルリフォーム」のショールームです。
キッチンの他にバス・トイレなどのリフォーム(リノベーション)も、お見積・相談無料!スピード対応、厳選した優秀な職人による工事、担当の一貫管理体制や最長10年の保証など、コストパフォーマンスの良さと「心で聞く、心でなかなる。」姿勢で、「手軽に、上質な」リフォーム、そして「ずっと安心、ずっと快適」な暮らしを提供します。

何でもお気軽に
お問い合わせください!

多数メーカーのキッチンを
実際に見て、触って、比べられる!

ショールーム来店予約

家事や仕事の合間にちゃちゃっと!
お友達登録でお得情報も!

お気軽LINE相談

実際に体験してこそわかる!
我が家にぴったりのキッチンが見つかる

イベント予約

お電話でもOK!

0120-266-665

営業時間:10:00-17:00(年中無休)