TOPICS

PICK UP
2021.09.19 sun

便利な食洗機、国内製と海外製それぞれのメリットデメリットは?

  • キッチン比較
  • メーカー
  • 食洗機

キッチンの設備の中で人気が高い設備の一つが食洗機です。家事の時短化を図れるだけでなく、手洗いよりも使う水の量が少なくて済むエコな面もあり、今やマストなキッチン設備とも言えます。とはいえ、国内外のさまざまな食洗機メーカーがありどの食洗機を選んだらいいか迷うという人も多いのではないでしょうか。今回は食洗機の国内製と海外製それぞれのメリットとデメリットについて紹介します!

 

〇国内製の食洗機のメリットとデメリット

国内製の食洗機の大きな特徴の一つは、引き出しタイプという点です。カゴの位置が高めなので、食器や調理器具などをセットする際に腰をかがめる必要がないのがメリットと言えます。

また、洗浄機能だけでなく乾燥機能が標準搭載されているため、ふきんで拭いて仕上げる必要がない点もメリットですね。

ニオイの発生を抑える独自機能・ナノイーXが搭載されているPanasonic製や、引き出しタイプ以外にフロントオープンタイプも選べるリンナイ製、夜間でも気にせず使える静音タイプがある三菱製など、洗浄・乾燥機能以外に使いやすさを考慮した製品が揃っています。

 

デメリットとしては、庫内の容量が海外製よりも少ないことが挙げられます。同じ幅寸法の食洗機だと国内製よりも海外製の方が3倍近い容量があります。1回で洗える食器の数が少ないので、1日数回運転しなければいけないことを頭に入れておきましょう。

 

〇海外製の食洗機のメリットとデメリット

海外製の食洗機のメリットは大容量かつ省エネ度の高さです。

海外製の食洗機の大半はフロントオープンと呼ばれる扉が前開きになっているタイプですが、庫内全体を使ってカゴをセットできる分容量だけが国内製よりも大きく、1日に何度も回さなければいけない国内製と比べて1回の運転で大量の食器を洗浄でき、水道代・電気代ともに抑えることができます。

デザイン性が高いのも特徴的で、キッチンをよりおしゃれに見せた時にスタイリッシュにまちめられるメリットがあります。

洗浄力が高くレンジフィルターや魚焼きグリルの網まで洗えてしまうボッシュ製、容量が大きくスタイリッシュなデザインが魅力のミーレ製、洗浄時に発生する熱を乾燥で使用する節電意識の高いAGE製など、機能性とデザイン性が両立されて製品が揃っています。

 

海外製の食洗機のデメリットは初期コストが高いことです。幅寸法や機能など同等の製品で比較すると、海外製の方が総じて高く導入時のコストが高くつきます。また、フロントオープンタイプはカゴの位置が低いため、毎回セットするたびに腰をかがめるこで腰への負担が大き点もデメリットといえるでしょう。

 

食洗機は、食器を洗うという作業の負担を劇的に軽くし、時間に余裕をもたせてくれるキッチン設備です。キッチンリフォームを検討する際は、家族構成やライフスタイル、初期投資の予算などを考えてベストな機種を選びたいですね。

 

 

カナルリフォームのショールームでは、国内製はPanasonic、海外製はBOSCHの食洗機を設置しています。キッチンリフォームで食洗機の導入や交換をお考えの際は、お気軽にご来店いただき実物をご覧になってみてくださいね。

 

国内製:panasonic

 

海外製:BOSCH (45cm)

 

キッチンリフォームラボがあるのは、年間施工実績1,000件以上!愛知県西三河地域(岡崎市・幸田町・西尾市・蒲郡市・安城市・碧南市)で岡崎本店、岡崎北店、西尾店の3店舗を展開するアーキテックス株式会社「カナルリフォーム」のショールームです。
キッチンの他にバス・トイレなどのリフォーム(リノベーション)も、お見積・相談無料!スピード対応、厳選した優秀な職人による工事、担当の一貫管理体制や最長10年の保証など、コストパフォーマンスの良さと「心で聞く、心でなかなる。」姿勢で、「手軽に、上質な」リフォーム、そして「ずっと安心、ずっと快適」な暮らしを提供します。

 

何でもお気軽に
お問い合わせください!

多数メーカーのキッチンを
実際に見て、触って、比べられる!

ショールーム来店予約

家事や仕事の合間にちゃちゃっと!
お友達登録でお得情報も!

お気軽LINE相談

実際に体験してこそわかる!
我が家にぴったりのキッチンが見つかる

イベント予約

お電話でもOK!

0120-266-665

営業時間:10:00-17:00(年中無休)