TOPICS

2021.04.20 tue

キッチン周りの掃除の裏技とは?場所別ごとに解説

  • お役立ち情報
  • お掃除
  • 裏技

キッチンが汚れる主な原因は油と水です。毎日使う場所なのでなかなか完璧にキレイにできないのが悩みですよね。
しかも目につきやすく、汚いとイライラしてしまいがち。夏場は衛生面も心配です。
常に気持ちの良いキッチンにしておくためにも、キッチン周りはこまめに掃除してキレイにしておきたいものです。
今回は、そんなキッチン周りの掃除についての裏技を、場所別ごとに紹介していきます。

キッチン掃除で悩みの場所とは?

キッチンで汚れる場所を大きく分けると、「油汚れ」と「水回りの汚れ」になります。
知らないうちに汚れがたまり、時間が経つほど余計に落としにくくなってしまいます。

油汚れ

油汚れは、揚げ物や炒めものをしてはねたものが、コンロの周辺につくことで汚れになってしまいます。
注意したいのが、コンロ周りだけではなく、キッチンの壁や床にまで広がっているということです。

水回りの汚れ

水回りはシンクと蛇口をよく見ると、水垢で汚れていることが多いです。
また、食材や食器などを洗って流れたものが繁殖して、排水溝をドロドロに汚してしまいます。

キッチン掃除にあると便利な洗剤と裏技道具

キッチンの掃除のために、用意しておくと便利な洗剤とちょっとした裏技道具を紹介します。

<あると便利な洗剤>

・重曹…油汚れを落とす(アルカリ性なので酸性の汚れを落とす)
・クエン酸…水垢を落とす(酸性なので、アルカリ性の汚れを落とす)
・食器用洗剤…軽い汚れに最適
・漂白剤…排水溝のヌメリ落としやふきんの漂白ができる

【裏技道具】

■マンゴーカットスポンジ
スポンジの柔らかい面をカッターでマンゴーのようにカットします。
そうすることで、切込みが隙間に入りやすくなり、汚れが取りやすくなります。

画像はイメージです。

ストッキング

伝線してしまったり使い古したストッキングで磨きあげると、ストッキングの細かい網目が小さな汚れをからめ取り、更にきれいに仕上げることができます。

場所別の裏技を紹介

では、場所別に掃除方法と裏技を紹介していきます。

シンクと水道の蛇口

シンクはスポンジで食器用の洗剤をつけて磨けば、大体の汚れはきれいになります。
しかし、乾いてから蛇口やシンクをよく見てみると、取れていない水垢が浮かびあがってくるということがよくあります。

水垢には、クエン酸水(水200mlに小さじ1杯が目安)を吹きかけて30分ほど置いてから水で流します。
そして、水分を拭き取ってからストッキングで磨くと、水道の蛇口がピッカピカになり、ものすごくキレイになりますよ。

シンクと水道の蛇口は、水分をそのままにしておくことで水垢になってしまいます。そのため、普段から水滴を残さないようにふき取ることが大切です。

排水溝

排水溝も食器用の洗剤とスポンジで大まかな汚れは落とすことができますが、ここでは重曹をとクエン酸を使った掃除を紹介します。

まず重曹を排水溝に振りかけます。そして、クエン酸を溶かしたぬるま湯をかけます。
そうすると、シュワーという泡が出て汚れが分解され、あとは水で流せば簡単にはがれていきます。

このシュワシュワーという泡の出るところを見るのが、結構楽しいですよ。
また、換気もしっかりしておきましょう。

ガスコンロ

ガスコンロには重曹がおススメで、大きめのごみ袋などにぬるま湯と重曹を入れ、五徳などの外せるものを付けおきします。

ガス台も重曹を溶かした水で拭いておきましょう。
最後につけおきした五徳などを洗って、水気をよく拭き元の位置に戻せば終了です。

IHの調理台

最近、増えてきたIHの調理台には、クリームクレンザーとラップがオススメです。
ラップを手のひらサイズにとって丸めます。クリームクレンザーをラップにつけて、円を描くように磨くと、とびはねや油汚れが簡単に取れます。
最後に、布巾で水拭きすれば終了です。

魚焼きグリル

汚れがたまりやすくて、掃除するのがとてもめんどうくさいのが魚焼きグリル。
においも残りやすいのでこまめにお手入れしておきたい場所です。

ガスコンロと同じように、外せるものはつけおきをして落とします。
先程裏技としてご紹介したマンゴーカットスポンジを使います。
格子状になった部分を網に差し込んでみると、凹凸部分が見事にフィットするので、網を1本1本洗う必要もなく、さっとキレイにすることができます。

キッチンの床と壁

キッチンの床と壁は、湯気や油のとびはねでいつの間にか汚れがたまりやすい場所です。
濡れ布巾でもいいのですが、重曹スプレーを吹きかけると力を入れてこすらなくても簡単にキレイにできます。

ポイントは、上から下に向かって一方向に拭くことです。
行ったり来たりしてしまうと、返って汚れを広げてしまう可能性があるのでやめましょう。

仕上げも水拭きで一方向に拭きあげます。

まとめ

油や水を使うので、特に汚れがたまりやすいキッチンですが、できることならこまめに賢くお手入れをして、毎日キレイで、かつ清潔な状態で料理をしたいものですね。

今では、汚れが落ちやすく、たまりにくい素材を使ったキッチン台もあります。リフォームのショールームに行って、どんなキッチン台が自分に合っているのかプロに意見を聞きながら、実際に目で見て、掃除に手間がかからないキッチンにリフォームするのもいいでしょう。

キッチンリフォームラボがあるのは、年間施工実績1,000件以上!愛知県西三河地域(岡崎市・幸田町・西尾市・蒲郡市・安城市・碧南市)で岡崎本店、岡崎北店、西尾店の3店舗を展開するアーキテックス株式会社「カナルリフォーム」のショールームです。
キッチンの他にバス・トイレなどのリフォーム(リノベーション)も、お見積・相談無料!スピード対応、厳選した優秀な職人による工事、担当の一貫管理体制や最長10年の保証など、コストパフォーマンスの良さと「心で聞く、心でなかなる。」姿勢で、「手軽に、上質な」リフォーム、そして「ずっと安心、ずっと快適」な暮らしを提供します。

何でもお気軽に
お問い合わせください!

多数メーカーのキッチンを
実際に見て、触って、比べられる!

ショールーム来店予約

家事や仕事の合間にちゃちゃっと!
お友達登録でお得情報も!

お気軽LINE相談

実際に体験してこそわかる!
我が家にぴったりのキッチンが見つかる

イベント予約

お電話でもOK!

0120-266-665

営業時間:10:00-17:00(年中無休)